たまりば

  漫画・アニメ・ゲーム 漫画・アニメ・ゲーム  その他 その他

2017年10月14日

米レーティング機関ESRB、ゲーム内ルートボックスは「ギャンブルにあたらない」と表明

米国におけるゲームレーティングを行う組織Entertainment Software Rating Board(ESRB)は、昨今様々なゲームにて導入される“ルートボックス”は「ギャンブルにあたらない」という見解を表明しています。

これは、『Forza Motorsport 7』や『シャドウ・オブ・ウォー』などの直近の大きなAAAタイトルがルートボックスのシステムを採用していることや、対戦シューターである『Star Wars バトルフロント II』ではルートボックスの結果によって装備の性能差が生じるなどの仕様を受けた、ユーザー間での議論が影響したもの。

一部のファンの間では、これらルートボックスのシステムを採用したゲームをギャンブルとみなし、日本で言えばCERO「Z指定」などの成人以上のみがプレイ可能なAO(Adults-Only)レーティングを求める声も見られていました。  


  • Posted by ゆうやっ at 10:13Comments(0)新作ゲーム

    2017年10月08日

    ザック・エフロン、コナン・オブライエンら『マリオカート8』プレイ―敗者は「ち○○」落書き

    ゲームがあまり上手くないことで知られるコメディアンのコナン・オブライエンが司会を務めるアメリカのトークショウ番組「Conan」内の人気コーナー「Clueless Gamer」。本コーナーの最新回にて、ハリウッド俳優との対戦映像が公開されました。

    今回登場したのは、映画「Neighbors 2」に出演している俳優ザック・エフロンとセス・ローガン。コナン・オブライエンと共に、"ち○○"の落書きを賭けて『マリオカート8』をプレイしています。レースのたびに一番順位が下になった人が落書きをされるというルールで、画面に映せるモノとアウトなモノの違いをレクチャーするシーンも。

    最初の一戦こそ、セス・ローガンが破れましたが、以降のレースはコナン・オブライエンがゲーム下手を発揮。顔中に落書きをされるという展開になっています。  


  • Posted by ゆうやっ at 20:46Comments(0)名作ゲーム

    2017年10月01日

    CyberZ、国内e-Sports「RAGE」第3弾『Shadowverse』概要発表!賞金総額700万円

    サイバーエージェントの連結子会社であるCyberZは、Cygamesが提供するカードゲームバトル『Shadowverse』を競技タイトルとしたe-Sports大会「RAGE」の開催概要を発表しました。

    「RAGE」はCyberZが運営する国内のe-Sports大会で、複数のゲームタイトルを採用し、年間を通して大会を開催。『Vainglory』『ストリートファイターV』に続く、第3回目の開催となる今回は、オフライン予選大会を10月22日(土)23日(日)、決勝のグランドファイナルを11月23日(水・祝)に行うとのこと。

    本大会の賞金総額は700万円で、これまで開催された「Shadowverse」の大会において過去最高の金額。また、今後の、大会開催に関する追加情報は、RAGE公式サイトにて順次公開していくと伝えています。さらに、「RAGE」における各試合はCyberZが運営するゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」にて配信するそうです。  


  • Posted by ゆうやっ at 21:57Comments(0)ニュース

    2017年09月30日

    『FF15』が1997年に作られていたら…PS1風の表現光るファン映像!

    スクウェア・エニックスより発売予定のPS4/Xbox One向けシリーズ最新作『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15)』。本作がもし1997年に制作されていたら…という映像が海外YouTubeチャンネルC4DNerdにて公開されました。

    1997年といえば、シリーズでも屈指の名作『ファイナルファンタジー7(FF7)』が発売されていたことで知られていますが、今回公開されたPS1風『FF15』では、まさに『FF7』的なシステムを導入。映像では、エンカウント式のターンベースバトルやローポリゴンなキャラクターはもちろん、マップ内の移動などが再現されています。さらに、終盤には、昨今のゲーム作品では見ることが少なくなったディスク入れ替え画面まで収録されており、その芸の細かさが確認可能です。  


  • Posted by ゆうやっ at 10:39Comments(0)アーケードゲーム

    2017年09月21日

    『Horizon Zero Dawn』現代都市から機械獣が蔓延る世紀末へ…欧州版CM映像

    Sony Interactive Entertainment Europeより、『Horizon Zero Dawn』の欧州向けCM映像が公開されました。

    発売日に向け着々と新映像が集まっている『Horizon Zero Dawn』ですが、SIEEが公開した映像では現代の街並みから今作の世紀末的世界観への移り変わりをタイプラプスで表現。主人公アーロイが戦う機械生命体から敵勢力、得体の知れない巨大な相手を収めた激動の1分間となっています。

    『Horizon Zero Dawn』はPS4専用タイトルとして、国内で3月2日より発売予定。今作を期待する方は先日公開された解体舞台裏映像の日本語版も要チェックです。  


  • Posted by ゆうやっ at 10:42Comments(0)新作ゲーム

    2017年09月20日

    ASUS、AMD FreeSync機能を搭載した27インチフルHDゲーミングモニターを発売

    本製品のパネルサイズは27型ワイドで、曲面液晶を採用し1,920×1,080ドットのフルHD解像度に対応する。リフレッシュレートは144Hz、応答速度は4msとなっている。加えて縁の狭いデザインを採用することでマルチディスプレイに適しており、上下左右の角度調整と高さ調節も可能。

     また、画面からスミアやモーションブラーを取り除く「EXTREME LOW MOTION BLUR」やティアリング(ちらつきや歪み)を抑え、フレームレートの安定化を実現する「Adaptive-Sync(AMD FreeSync)」を搭載。テンポの速いゲームやアクションゲームにおいてもストレスの少ないプレイを可能にする。

     そして背面にはASUS Aura RGBライティングを搭載し、様々な発光パターンを表現可能なほか、スタンド下へ投影される「ROG」のロゴは付属のカバーを交換することで投影内容を変更できる。  


  • Posted by ゆうやっ at 16:16Comments(0)つぶやきニュース

    2017年09月16日

    けもの系オープンワールド『BIOMUTANT』本格的ゲームプレイ!

    THQ Nordicがgamescom 2017で発表したExperiment 101の新作『BIOMUTANT』。本作の本格的なゲームプレイ映像が公開されています。

    オープンワールドアクションRPGとなる本作では、プレイヤーキャラクターを細かく設定可能。性別はもちろん、体つきや体毛の色まで変えられ、特に体型は自身が与えるダメージや体力などのステータスにまで影響を及ぼしているようなので、設定には注意が必要かもしれません。また、銃と近接武器を使ったスピーディで軽快な戦闘シーンも披露されています。  


  • Posted by ゆうやっ at 15:50Comments(0)新作ゲーム

    2017年09月07日

    【E3 2017】『スカイリム』がPS VRに!『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』海外発表

    ソニー・インタラクティブエンタテインメントは「E3 2017」で行ったプレスカンファレンス「PlayStation E3 Media Showcase」にて、Bethesda Softworksの人気オープンワールドRPGのPlayStation VR版『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』を発表しました。

    映像ではスカイリム地方の美しい風景はもちろん、剣や弓、そして魔法をVRならではの器用さで使いこなして敵と戦闘を行う様が描かれています。なお、この『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』は、先に発表された『Fallout 4 VR』と同様、本編及びDLC3種の全ての内容が含まれているとのことです。

    『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』は2017年11月海外発売予定です。  


  • Posted by ゆうやっ at 11:35Comments(0)アーケードゲーム

    2017年08月04日

    【高校野球】清宮不在の甲子園“ハマの怪物”に注目だ

    清宮不在の甲子園で最も注目を集めるのはこの男かもしれない。横浜の怪物・増田珠(しゅう)外野手(3年)だ。2年連続で夏の甲子園大会出場を決めた神奈川大会では大会新となる4試合連続本塁打をマーク。大会通算5本塁打で東海大相模の大田泰示外野手(現日本ハム)の最多記録にも並んだ。

     今秋のドラフト上位候補でもある注目株は、3日の甲子園練習を終えると大粒の汗を拭いながら「(昨年夏に続いて)帰ってきたという強い気持ちがある」と言い切り、次のように頼もしい言葉を並べた。「3年生になって自分たちの代できたという思いもある。去年のチームより1つでも勝って全国制覇したい。お客さんがいっぱい入ってくれれば、燃えるタイプなんで。本当に(3年の夏で)最後なんで失うものはない。楽しんで勝てるようにやっていきたい」

     あどけない笑顔も魅力。そんなアンバランスさが女子たちの心をくすぐるのだろう。チーム内では「とにかく最もモテる」とうらやましがられ、ファンレターも寮へ数多く舞い込む。先日の神奈川大会期間中も試合後の増田は女子高生に囲まれ、差し出された色紙やメガホンにペンを走らせて“サイン会”を行う光景が連日にわたって見られた。

     チームメートからは「ウチのベンチ入りメンバーよりも多い人数の女の子たちが、いつもワーッと押しかけてくる。それでも嫌な顔ひとつせず、笑顔で対応しているからすごい」と増田の神対応を称賛する声が絶えない。それでも当の増田は後輩たちに「高校野球は“魅せる野球”じゃない。お前ら、鼻の下伸ばしてんじゃないぞ」と戒めることも忘れていない。自分に言い聞かせる意味もあるのだろう。スター性抜群の“ハマの怪物”が甲子園を席巻しそうな気配だ。  


  • Posted by ゆうやっ at 17:15Comments(0)ニュース

    2017年07月27日

    『シャドウ・オブ・ウォー』新国内映像!敵はあなたを「記憶」する

    ワーナー ブラザースジャパンは、Monolithが開発を手掛ける『シャドウ・オブ・ウォー(Middle Earth: Shadow of War)』国内向け新映像を公開しました。

    本作は、「指輪物語」「ホビットの冒険」と同じ世界設定を持つオープンワールドアクションアドベンチャー『シャドウ・オブ・モルドール』の続編。プレイヤーは、モルドールに舞い戻ったサウロンの野望を阻止すべく、前作の主人公タリオンとケレブリンボールを操作します。映像では、さらに進化した「ネメシスシステム」や軍勢を率いる新要素などが紹介されています。

    『シャドウ・オブ・ウォー』は、PS4/PS4 Pro/Xbox One/Xbox One X/PCを対象に、国内で2017年10月12日発売予定です。
      


  • Posted by ゆうやっ at 12:11Comments(0)ニュース